ペンタゴンチャート FX

ペンタゴンチャートとは

ペンタゴンチャートは、五角形(ペンタゴン)をつかって、相場のトレンドや変化点を分析するチャートのことです。オカルトチックな気がするかもしれませんが、その辺と対角線の比率が黄金比、つまりフィボナッチとイコールで、フィボナッチチャートの変形とも言えます。
そのため、各辺および各点が抵抗線や支持線および転換点の役割を示し、相場の流れを把握しやすい!
そんなメリットがあります。

ペンタゴンチャートの特徴

ペンタゴンチャート

ペンタゴンチャートには下記の特徴があります。

レートは各点に引き寄せられるか、もしくは、各辺に沿って動く
各点の位置が時間の変化日となる
各点に引き寄せられたが到達しなかった場合には、反転しやすい
中心点の上方をレートが通過した場合は、次のペンタゴンは上または真横に、下方を通過した場合は真横か下にできる可能性が高い。
時間の逆行が生じるケースは少ない

上記のチャートを見ると、特徴に沿った形に相場が動いているのが分かるかと思います。
ペンタゴンチャートの書き方に悩むところですが、方法としては、高値・安値など、相場の転換となった部分を点にして、五角形を当てはめるとうまくいきます。

スワップ派ならFXCMジャパン

フォーランド

スワップポイントの競争力が高いことで有名なFXCMジャパン。
毎日、ほかのFX会社のスワップ金利を見てから、一番高いスワップをつけるなど、金利の高さには定評があります。
ペンタゴンチャートが使えるのは、DVRチャートにて。
高機能なチャートで、相場を動かすNYダウ、WTI原油などのチャートを見ることも可能。
チャートを使いたいから口座開設をするという人もいるほどです。

→FXCMジャパンの詳細はこちら

投資リンク